オトクネタ番長


1月 14th, 2016

カメラはまだまだ進化していく

No Comments, 未分類, by admin.

スマホのカメラが進化したことで、デジカメの存在感が薄くなってきていると思っていたんですが、カメラの世界ではそうでもないようですね。ある専門家が今年のカメラ界^^についていろいろと発言していましたよ。まず、デジカメの値段が2極化していくとのこと。デジカメが二極化とは、ちょっと意外というか・・。デジカメにも価格が二極化するほどのタイプっていうんですか、そのようなものがあるんですね。「レンズ交換式カメラの中での二極化が激しくなると予想される」とあったんです。ちょっと私には難しい^^なのでここはスルーして次は一眼レフが頂点を極め、そして3つ目に4K動画が標準搭載とありました。一眼レフ・・確かに、私がいつも見ているブロガーさんたちのカメラは一眼レフが多いようです。最初はコンデジやスマホのカメラを使っていても、こだわりのあるブロガーさんたちはその細かな映りにも気を配り、一眼レフに買い替えて写真を写し、ブログにアップしているようです。そして4K。テレビでもまだ4Kはそこまで普及していなように思えますが、カメラだからこそ4Kでも購入できる価格なのかもしれませんね。日本には世界に誇るカメラメーカーがいくつもありますからね。是非、頑張ってほしいですね^^

1月 13th, 2016

「とく放題」でクリスマスや年末年始のイベント

No Comments, 未分類, by admin.

ソフトバンクは、提供中の割引特典サービス「とく放題」でクリスマスや年末年始のイベントにピッタリな、「この冬贈りたいプレゼント特集」や「イルミネーション特集」、「ファミリー・カップルで楽しむ冬旅特集」を実施します。これら特集の魅力を伝えるべく、とく放題のPRガールに就任したのが井上咲楽さんなのです。井上咲楽さんは「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で「kawaii ソフトバンク賞」を受賞していて、「とく放題」PRガールに就任した新人タレントなのです。井上さんがとく放題を紹介する専用ページも公開中です。井上咲楽さんは、現在、16歳で現役の女子高生。「#kawaii ソフトバンク賞」を受賞した際の感想を聞くと「歴代の受賞者さんたちは、みんな背が高いから、背の低い私はダメ元で応募しました。でも、自分がやったお笑い系のアピールをみなさんが喜んでくれたようだったので、もしかしたら受賞できるかも! と思っちゃいました。実際に、#kawaii ソフトバンク賞をいただいて嬉しかったです」と、笑顔で話してくれたのです。とく放題は、月額税別590円で、食料品・レジャー&旅行などが最大90%OFFの大特価セール、コンビニ 商品引換券や電子ギフトコードの抽選、90万件以上の割引・優待特典が受けられるソフトバンクスマートフォンユーザー向けのサービスです。常にメモリのことで悩むあなたのための情報

12月 31st, 2015

スマートフォン本体をドローンに組み込む

No Comments, 未分類, by admin.

2015年に話題となったものの中にはドローンがあります。首相官邸にドローンが落ちたというニュースも話題となりました。ドローンは高いところからきれいな写真を撮るのに非常に有効です。スマホでドローンを操作するというのが一般的ですが、最近では逆転の発想でスマートフォン本体をドローンに組み込んで、スマートフォンのカメラで空撮ができるという商品が販売されています。その名もPhoneDrone Ethosで、2016年9月ごろ発売予定となっています。235ドルの出資でキットを一つもらうことができます。このドローンは四枚のプロペラで安定した飛行ができ、持ち運びも簡単です。ちょうどスマートフォンの本体に翼がついたような外見になります。専用のアプリで飛行ルート、高度、着地地点などを設定すればその通りに飛行しながら動画や写真を撮影してくれます。ランニングをしながら自分を上から追尾させることも可能で、いろいろな使い方があることが分かるでしょう。アップルウォッチからの操作も可能で、はるか上空からの自撮りも可能になっています。自撮りだけでなくビデオ作製のための撮影などのためにとても便利な道具なので、ぜひ発売後に注目しましょう。

12月 25th, 2015

“カメラ機能と本体の安さの面でが優れている “

No Comments, 未分類, by admin.

“Android端末はiPhoneに比べてカメラ機能が優れています。例えばソニーのXperiaZ5とiPhone6sで比べてみます。メインカメラの画素数は単純に1,000万の差があっても違いは特に見当たりません。カメラ撮影する上で1,000万画像でも問題はないのです。ただ夜景を撮影する時には1,200万画像の差が大きく結果を出すかもしれません。あくまでも個人的な見解となりすがFacebookに投稿する写真や風景を取るだけならAndroid端末とiPhone6sは特に変わらないと思います。それでも高精細の性能が大きくものをいう夜景などの風景ではAndroid端末のほうが優れているといってもいいでしょう。他にはバッテリーの持ちがいいということです。Android端末はiPhoneに比べてバッテリーの持ちがいいと言われています。さらにXperiaZ4のユーザーに聞いてみたところ、1日から2日持つと聞いています。高性能にあんると消費する電力も高くなる事から持ち時間はあまり変わらないような気がします。問題は使い方といったところでしょうか。4K動画を試聴すると急激にバッテリーが減るでしょう。iPhoneはアンドロイドよりバッテリーが劣っていますが使い方次第では長く持たせる事ができるのです。さらに本体価格が安いことがあげられます。端末代金はiPhoneに比べて安いのも大きな特徴です。iPhone端末は約10万円しますが一方、アンドロイドは27,000円で購入できる機種(HUAWEI P8lite SIMフリー)もあるのです。

http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-camera.html

12月 22nd, 2015

Android Mは、アプリだけでなくアプリのデータもバックアップができるように

No Comments, 未分類, by admin.

Android 6.0 Marshmallowではついにアプリだけでなくアプリのデータも自動でバックアップと復元が可能に。ただし制限ありです。アプリデータのバックアップと復元は、これまで多くのAndroidユーザーが待ち望んでいた機能ではないでしょうか。Android Mでは、アプリ本体だけでなくアプリデータも自動でバックアップされるようになります。バックアップファイルの保存先はGoogleドライブとなります。また、新しいデバイスや初期化後のデバイスなどでGoogleアカウントにログインするとバックアップされていたアプリとアプリデータが復元されるとのことですからこれはかなり便利な機能といってもいいでしょう。なお、アプリのバックアップと復元のために追加すべきコードもないとのことです。これはアプリ開発者にも優しい機能となっていますね。ただし、Android Mにおけるアプリデータのバックアップには制限もあります。それは、1アプリ当たりのアプリ本体も含めた合計ファイルサイズが25MB以下のアプリのみしかバックアップされないということです。アプリ本体だけでも容量が25MBを超えるものも少なくないので、アプリデータも含めて25MBではちょっと少なすぎる気もしますね。

12月 19th, 2015

、就寝前のスマートフォン利用と睡眠に関する実態調査

No Comments, 未分類, by admin.

30分以上の「寝る前スマホ」をしている人は、寝つきが悪くて、現状の睡眠に満足していないことが調査結果によってわかりました。株式会社ジェイアイエヌは安眠対策用メガネ「JINS SCREEN NIGHT USE」の発売に際して、子どもがいる20~40代の専業主婦309名を対象に、就寝前のスマートフォン利用と睡眠に関する実態調査を実施したのです。その結果、約8割の主婦が就寝前に自分だけのリラックスタイムをとって、その時間でスマートフォンを利用していることが明らかとなりました。その一方で、30分以上の「寝る前スマホ」をしている人は、30分未満の人と比較して寝つきが悪くて、現状の睡眠に満足していないことが判明したのです。現在の主婦のスマホ利用率は約 8 割にものぼっています。日頃からスマホとの接触率が高いという結果になっています。主婦が普段使用しているデジタル機器では、スマートフォンが 77.7%と最も高い結果となりました。また、スマートフォンを利用している主婦のうち、余暇時間にスマートフォンを利用することが多いと回答した主婦は 79.9%と、非常に多くの主婦がスマートフォンと接していることが判明したのです。リラックスタイムをとる時間帯は「就寝前」が最多です。約 8 割は「寝る前スマホ」をしているという結果になっているのです。1日の生活の中でリラックスタイムがとれる時間帯では、「就寝前(61.2%)」に集中していることがわかりました。さらに、スマートフォンを利用している主婦のうち、就寝前に布団やベッドでスマートフォンを利用すると回答した主婦は 82.9%にのぼり、約8 割の主婦が就寝前のリラックスタイムに「寝る前スマホ」をしています。

12月 18th, 2015

スマホの初期化で個人情報が洩れる?

No Comments, 未分類, by admin.

スマホをオークションなどに出す時には必ず初期化が必要であるということは誰でも知っていることです。しかし知っているのと実際に行っているのとは別問題なのです。自分ではすっかり削除したと思っていたデータが実は残っているということは少なくありません。例えばとある会社が実施した調査によれば多くのスマホからデータが完全には消えていないことが明らかになりました。この会社は中古のAndroidスマホを20台無作為に選び調査しました。すると写真が4万件以上、連絡先が250件以上が見つかりました。さらに4台からは元所有者の身元が、1台からは記入済みのローンの申請書が見つかったのです。とてもあり得ないと思うかもしれませんが、この調査を行ったのがアンチウイルスでおなじみのAVASTであると考えると現実的な問題となるでしょう。もちろんすべての人が初期化しているわけではないかもしれませんが、それでもこれほどのデータが解析できるというのは驚きです。もしandroidに限らずスマホをオークションなどで売ろうと思っている人は、データが見つかって悪用されないように、しっかりと初期化が完了しているかどうかを確認してからの方がよさそうです。au スマホ おすすめ

12月 11th, 2015

ちょっとお高め?だけど

No Comments, 未分類, by admin.

スマホで音楽を聴いている方に良い情報を見つけました。これはGNネットコムジャパンという会社が来年2月発売にすることになったJabra SPORT PACE Wirelessというワイヤレスイヤフォンなんです。私がよくみる光景は、スマホからつながったイヤフォンで音楽を聴いている学生。とくに電車の中でよく見ますが、ワイヤレスのイヤフォンはあまり見かけませんね~。なんとなくワイヤレスだと音の質が悪くなる感じがしますが、このJabra SPORT PACE Wirelessなら「プレミア感あふれるサウンドと安定した装着感を実現~スポーツを音楽を聴きながら楽しく続けたい」という人におすすめなんだそうです。スポーツをしながら使えるということなので、耐衝撃、また防塵、防滴性能も搭載されているので、ちょっとした雨の時でも利用可能だそうですよ。また、Jabra Sport Lifeという専門のアプリを使うことで消費カロリーや距離、時間などトレーニングサポート機能も利用できると。これだけ使えて税別価格1万5800円ということなので、そんなに高いとは言えませんかね^^色は黄色、青、赤の3色で、デザインはスタイリッシュでカッコいいですよ♪

12月 10th, 2015

ドアや鍵が自動で開けれるように

No Comments, 未分類, by admin.

これからは、部屋の鍵なども自動で開くような時代になってくるかもしれません。
スマートロックのAkerunというものなのですが、これを使用するとスマホを持っているというだけで、ドアが自動で開くようになるそうです。
これから、ドアや鍵も手を使用しなくて、開くようになるんだと実感をしました。
この自動で鍵が開けれるAkerunは、工事をする事なく取り付けができるというものだそうです。
そして、このシステムは家族で共有する事も可能になっています。
Akerunの良い部分は、使用者の履歴が見えるとという部分です。
使用している履歴が見えるという事は、防犯にも役に立ちそうですね!
不審者などがあれば、鍵を開ける事もできないでしょうから、これからどんどん広まっていけばすごいです。
NTTドコモと連帯をして作られているようで、スマホを落としたとしても、電話連絡をすれば心配がないようです。
連絡をする事で、すぐに鍵の使用を止める事が可能となっています。
また、これからこういった利用は福祉の中でも役に立つようになるでしょうね。
車いすなどで、鍵やドアの開け閉めができない人にとっては、すごく便利なものとなるでしょう。
福祉施設などで使用ができるようになれば、すごく良いなと思います。
スマホカメラ撮影テク

12月 9th, 2015

ドコモ、「arrows NX F-02H」を12月4日に発売 実質価格は4万円台半ば

No Comments, 未分類, by admin.

NTTドコモは、「arrows NX F-02H」を12月4日に発売しました。月々サポート込みの実質価格4万円台半ばとなります。メーカー主催の発売記念キャンペーンも実施する予定となっています。ドコモオンラインショップでの一括販売価格は9万2016円(税込)で、「月々サポート」を24カ月適用した場合の実質価格は4万円台半ばとなります。F-02Hは、虹彩認証「Iris Passport」(アイリスパスポート)、高速オートフォーカス(AF)カメラ、高速ダウンロード機能による「“一瞬”でできる感動」を、グラスファイバーを採用した「永く、続く美しさ」を持つボディに収めたハイスペックモデルとなっています。ディスプレイは、5.4型でワイドQHD(1440×2560ピクセル)解像度のIPS-NEO液晶を採用し、黒色の表現力を高めているのが特徴です。ボディ上部の「ヘッドライン」は、ハードアルマイト加工を施すことで「ARROWS NX F-04G」比で2倍の耐傷性を確保しているとのことです。また、背面には「ナノテクファイバー」を採用し、F-04G比で0.9ミリ薄くなったにも関わらず、ボディの強度は約1.5倍となっているのも耐衝撃性という面で心強いところです。防水・防じん性能に加え、米国防総省の物品調達規格「MILスペック」に準拠した耐高温・耐塩水・耐衝撃性能も確保しています。