オトクネタ番長


8月 9th, 2019

40代以降のスマートフォンの必要性

No Comments, 未分類, by admin.

“スマートフォンというと、若い人たちがその性能を発揮して楽しんでいる、このようなイメージもありますが、最近では、40代以降も活発にスマートフォンを使うようになってきました。
なぜ40代以降もスマートフォンを必要としているのかというと、それは、「震災の影響が強い」とされています。日本は災害大国と言われているほど、地震などの災害に遭いやすい国として有名です。
そのため40代以降の利用者の多くは、「連絡手段としてスマートフォンを持っている」ことが多く、近年では、LINEなどを苦もなく使いこなせるユーザーが増えてきました。その他の理由では、「病院などを利用する際に使用する、スケジュール管理のため」のケースも増えてきました。
ミドルエイジということもあり、生活に直結している病院とのつながりは重要になってきます。しかしスマートフォンであれば、アプリを操作するだけで自分に合った病院を探すこともできますし、アプリのみでスケジュール管理をすることも簡単です。
<追記>unpacekで公開した未来のGalaxy Noteに
https://www.galaxymobile.jp/smartphones/docomo/”https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-battery/

7月 26th, 2019

おサイフケータイにも対応している「SHARP AQUOS sense2」

No Comments, 未分類, by admin.

“SHARP AQUOS sense2は、Android One S5と同じで、SHARPから発売となっている人気の国産スマホです。
そのため、海外スマホよりも国産スマホを持ちたいという人であれば、SHARP AQUOS sense2を選ばれると良いでしょう。SHARP AQUOS sense2が人気の理由ですが、「防水、防塵に対応している」からです。
最新機種のスマートフォンは、ハイエンドモデルであれば防水、防塵に対応していることが多いです。ですが、SHARP AQUOS sense2のようなミドルレンジモデルの場合、防水のみ対応のケースもあるので注意してください。
しかもSHARP AQUOS sense2は、「IGZO液晶を採用している」ため、鮮明な表示ができる、濡れた手でもスムーズに操作することを可能にしています。SHARP独自技術が注ぎ込まれている・・・、これこそがSHARP AQUOSシリーズの魅力と言えるでしょう。
価格についても31000~35000円のため、ミドルレンジモデルの中でも安い価格設定となっていますし、おサイフケータイにも対応しています。”

7月 12th, 2019

地味に嬉しい!字幕を付けてくれるLive Caption

No Comments, 未分類, by admin.

“スマートフォンの中には、ローカルの際に音声認識システムを用いて、字幕の表示を可能とする機能も存在します。
そんな機能を「Live Caption」というのですが、こちらはオフラインでも使えるようになっているため、ネットにつながっていない時ほど、Live Captionは有効な機能となるのです。例えば、動画に字幕がついていると映画などが見やすくなる・・・、そんな時はLive Captionの機能を有効にするだけで良いです。
するとローカルでも音声認識システムがONとなるため、ダウンロードしてある動画であっても、字幕付きの動画を視聴することが可能になります。Live Captionは、これといった制限がありません。
字幕の表示についても正確、スムーズなので、字幕付きの動画を作成する機能の中では、Live Captionは優秀とされています。そのため、これから販売されるスマートフォンでも、Live Captionは欠かせない機能になるかもしれません。”

6月 30th, 2019

10億色の描写が可能「AQUOS R3」

No Comments, 未分類, by admin.

“2019年5月25日に発売のAQUOS R3は、SHARPのフラッグシップモデルとして開発されています。
ですが、すでにAQUOS R3は他のスマートフォンにはないものを有しているとして、現段階で注目されているスマートフォンなのです。というのも、AQUOS R3に採用されているディスプレイは、「Pro IGZO」のため10億色の描写が可能となっています。
しかもAQUOS R3のCPUは、「最高峰のSnapdragon855を搭載」しているため、処理が重くなる3Dゲームであっても、サクサク動作するほど高性能なのです。マルチタスク処理を軽くするために、AQUOS R3は「メモリーRAM6GB」となっているため、このようなところも高評価となっている理由でしょう。
その他の特徴としては、AQUOS R3は、「アウトカメラがデュアルレンズ」となっているため、「写真用、動画専用に分けて利用できる」ようになっています。しかもAI機能によって動画を自動で加工できる、動画内の写真を切り取ることもできるようになっています。”

6月 28th, 2019

ますます機能が充実した「HUAWEI nova lite 3」

No Comments, 未分類, by admin.

“スマートフォンの最新機種というと、グラフィック、写真撮影機能が充実しているか、こちらにこだわる人も増えているのですが、HUAWEI nova lite 3は、低価格で高性能化に成功している、高速充電機能にも対応している利点があります。
低価格で高性能というのは、主に「3万円台で6.21インチのフルHD」となっているところです。しかもHUAWEI nova lite 3は、「処理が重くなるゲーム」であってもサクサク動くため、CPU、GPU性能が低いわけではありません。
今では男性だけでなく、女性もSNS、ゲームアプリを通じて、処理性能の限界までスマートフォンを使うことが増えてきました。そのため、HUAWEI nova lite 3の性能には、大変満足している人が多いのです。
HUAWEI nova lite 3の高速充電機能についてですが、HUAWEI nova lite 3は充電速度も速く、「1時間の充電で1日利用できるレベル」に達しています。デフォルトの文字入力も「Google日本語入力」のため、こちらも評価されていることが多いです。”

6月 21st, 2019

android端末にも必要?ウィルス対策の必要性

No Comments, 未分類, by admin.

“android端末にインストールしたいアプリというと、過去であればゲームアプリ、SNSアプリなどが人気でした。
ですが今では、android端末にセキュリティアプリを入れる人が増えています。その理由ですが、ハッキングなどを通じて情報が流出する可能性が、一般人であってもあることが示唆されているからです。
また、android端末のセキュリティ対策というのは、個人では対処するのが難しいと言われていますが、有料無料のセキュリティアプリをインストールするだけで問題ありません。ただし、信頼できるアプリではない場合、アプリそのものが不具合を起こす、ウィルス感染につながることもあるので注意してください。
セキュリティアプリをインストールしていると、自動でセキュリティ対策が施されるようになるのですが、無料のセキュリティアプリでは、更新が遅いため効果が弱いこともあります。そのため、有料のセキュリティアプリをインストールしたほうが良いと言われているのです。”

6月 14th, 2019

高性能なCPUを搭載している「HUAWEI Mate 20 Pro」

No Comments, 未分類, by admin.

“中国のHUAWEI(ファーウェイ)というと、HUAWEI Mate 20 Proの開発で成功を収めている大企業としても有名です。
HUAWEI Mate 20 Proのなにが凄いのか・・・というと、それは、HUAWEIでは最新とされるCPU「Kirin 980」を搭載しているところでしょう。近年のスマートフォン開発というと、CPU、バッテリーだけでは人気が出ないため、デザインなどの変更を盛り込んでいるケースが多いのです。
ですがHUAWEI Mate 20 Proは、従来のCPUよりもパフォーマンスが向上しているものを採用し、しかもHUAWEI Mate 20 Proは、価格が抑えられている状況にあります。これらの好条件を持ち合わせているので、HUAWEI Mate 20 Proを選ぶ人が増えてきました。
具体的なパフォーマンスの向上率では、従来のものより75%も向上したという報告があります。”

6月 7th, 2019

データ処理が高速な「HUAWEI Mate 20 Pro」

No Comments, 未分類, by admin.

“従来のデータ処理では遅いと感じている人は、HUAWEI Mate 20 Proと相性が良いでしょう。
HUAWEI Mate 20 Proは、2019年1月11日に発売されたスマートフォンであり、モデルはハイエンドモデルです。ハイエンドモデルというと、多機能化が進んでいるので高いイメージもありますが、HUAWEI Mate 20 Proは、比較的安い価格で販売されているので安心できます。
HUAWEI Mate 20 Proの大きな特徴は、トリプルカメラ搭載となっているところでしょう。トリプルカメラ搭載スマートフォンの多くは、カメラ性能も向上しているので、プロのような写真撮影をしたい人にも、HUAWEI Mate 20 Proはオススメです。
しかもHUAWEI Mate 20 Proは、Kirin 980のSoCを採用しています。SoCとは、データの処理や制御を行う機能のことで、HUAWEI Mate 20 Proは、従来のHUAWEI製品より高速のデータ処理を行えるのです。”

5月 31st, 2019

顔認証・指紋認証で選ぶなら!

No Comments, 未分類, by admin.

万が一、スマホを落としてしまった時に、他人に自分の携帯を悪用されたくない方、セキュリティーがしっかりしている機種を選びたい方には「顔認証」や「指紋認証」機能がその備わっているスマホがおすすめです。中でもASUSの最新機種であるZenFone5は、鮮度が高くスピーディー、かつ顔認認証の技術もかなり高いです。実際にやってみると、正面はもちろん逆さまや横向き状態で電源を押しても反応してくれます。顔認証がしっかりできるスマホをお探しの方、セキュリティー面にはこだわりたい方におすすめです。他にも顔認証機能がついたスマートフォンでは、GALAXY S10などがあります。S10の場合、普段から眼鏡をかけている方は、そのまま登録すれば認証してくれるので性能も非常に高いです。ただしマスクをしたままでは認証されないので注意が必要です。全体的に認証スピードも高くこちらもおすすめです。迷った時は、実際に使って試してみるといいですね。参照先URL

5月 22nd, 2019

何を基準に選べば良い?モバイルバッテリーの選び方

No Comments, 未分類, by admin.

“スマートフォンは、現在モバイルバッテリーの競争が白熱している状況です。
ですが、以下のような比較基準がありますので、モバイルバッテリー前提で、良いスマートフォンを選ぶことは、それほど難しいことではありません。まず、「容量、形状」の2点を確認して、モバイルバッテリー選びを進めるようにしましょう。
容量は、シリーズ内で上がっているかどうかを確認するだけで問題ありません。重要なのは形状で、形状が丸みを帯びている、しかも軽量化に成功しているようであれば、ハイエンドモデル並みの使いやすいスマートフォンになります。
なぜ容量も確認するのかというと、今ではモバイルバッテリーの小型化に成功しているので、質量も含めて軽くなっているのかをチェックするためです。容量、質量ともに重いようであれば、優秀なスマートフォンとは評価しづらいです。
ちなみに、今ではリチウムイオンバッテリーを用いているスマートフォンが多いため、材質にこだわっても大きな差がありません。”