オトクネタ番長


6月 14th, 2019

高性能なCPUを搭載している「HUAWEI Mate 20 Pro」

No Comments, 未分類, by admin.

“中国のHUAWEI(ファーウェイ)というと、HUAWEI Mate 20 Proの開発で成功を収めている大企業としても有名です。
HUAWEI Mate 20 Proのなにが凄いのか・・・というと、それは、HUAWEIでは最新とされるCPU「Kirin 980」を搭載しているところでしょう。近年のスマートフォン開発というと、CPU、バッテリーだけでは人気が出ないため、デザインなどの変更を盛り込んでいるケースが多いのです。
ですがHUAWEI Mate 20 Proは、従来のCPUよりもパフォーマンスが向上しているものを採用し、しかもHUAWEI Mate 20 Proは、価格が抑えられている状況にあります。これらの好条件を持ち合わせているので、HUAWEI Mate 20 Proを選ぶ人が増えてきました。
具体的なパフォーマンスの向上率では、従来のものより75%も向上したという報告があります。”

6月 7th, 2019

データ処理が高速な「HUAWEI Mate 20 Pro」

No Comments, 未分類, by admin.

“従来のデータ処理では遅いと感じている人は、HUAWEI Mate 20 Proと相性が良いでしょう。
HUAWEI Mate 20 Proは、2019年1月11日に発売されたスマートフォンであり、モデルはハイエンドモデルです。ハイエンドモデルというと、多機能化が進んでいるので高いイメージもありますが、HUAWEI Mate 20 Proは、比較的安い価格で販売されているので安心できます。
HUAWEI Mate 20 Proの大きな特徴は、トリプルカメラ搭載となっているところでしょう。トリプルカメラ搭載スマートフォンの多くは、カメラ性能も向上しているので、プロのような写真撮影をしたい人にも、HUAWEI Mate 20 Proはオススメです。
しかもHUAWEI Mate 20 Proは、Kirin 980のSoCを採用しています。SoCとは、データの処理や制御を行う機能のことで、HUAWEI Mate 20 Proは、従来のHUAWEI製品より高速のデータ処理を行えるのです。”

5月 31st, 2019

顔認証・指紋認証で選ぶなら!

No Comments, 未分類, by admin.

万が一、スマホを落としてしまった時に、他人に自分の携帯を悪用されたくない方、セキュリティーがしっかりしている機種を選びたい方には「顔認証」や「指紋認証」機能がその備わっているスマホがおすすめです。中でもASUSの最新機種であるZenFone5は、鮮度が高くスピーディー、かつ顔認認証の技術もかなり高いです。実際にやってみると、正面はもちろん逆さまや横向き状態で電源を押しても反応してくれます。顔認証がしっかりできるスマホをお探しの方、セキュリティー面にはこだわりたい方におすすめです。他にも顔認証機能がついたスマートフォンでは、GALAXY S10などがあります。S10の場合、普段から眼鏡をかけている方は、そのまま登録すれば認証してくれるので性能も非常に高いです。ただしマスクをしたままでは認証されないので注意が必要です。全体的に認証スピードも高くこちらもおすすめです。迷った時は、実際に使って試してみるといいですね。参照先URL

5月 22nd, 2019

何を基準に選べば良い?モバイルバッテリーの選び方

No Comments, 未分類, by admin.

“スマートフォンは、現在モバイルバッテリーの競争が白熱している状況です。
ですが、以下のような比較基準がありますので、モバイルバッテリー前提で、良いスマートフォンを選ぶことは、それほど難しいことではありません。まず、「容量、形状」の2点を確認して、モバイルバッテリー選びを進めるようにしましょう。
容量は、シリーズ内で上がっているかどうかを確認するだけで問題ありません。重要なのは形状で、形状が丸みを帯びている、しかも軽量化に成功しているようであれば、ハイエンドモデル並みの使いやすいスマートフォンになります。
なぜ容量も確認するのかというと、今ではモバイルバッテリーの小型化に成功しているので、質量も含めて軽くなっているのかをチェックするためです。容量、質量ともに重いようであれば、優秀なスマートフォンとは評価しづらいです。
ちなみに、今ではリチウムイオンバッテリーを用いているスマートフォンが多いため、材質にこだわっても大きな差がありません。”

5月 15th, 2019

スマートフォンの「DIGNO L」

No Comments, 未分類, by admin.

“温水防水対応なのでお風呂でも安心して使用することができ、耐振動や耐衝撃などの耐久性能も兼ね備えていますので誰でも気軽に使用できるスマートフォンが「DIGNO L」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはコーラルピンクとカシミアホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約155gです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、バッテリーは外出時に安心な3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、カメラは独自の画像処理エンジンを搭載した約1300万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンには、浅井擦り傷が自然に回復するスクラッチヒーリングが施されています。”

5月 13th, 2019

スマートフォンの「507SH」

No Comments, 未分類, by admin.

“エッジ部分が丸みを帯びて手に馴染むフォルムに仕上がっており、高精細で明るい表示を可能にした大型液晶ディスプレイや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「507SH」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはスモーキーブルー、ブラック、ホワイトの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約135gです。
ディスプレイは約5インチIGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3010mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはハイパフォーマンスのクアルコムのスナップドラゴン617オタクコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで、カメラは約1310万画素のメインカメラと約500万画素のフロントカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンはディスプレイ面に特殊化学強化ガラスが採用されていますので安心して使用できます。”

3月 31st, 2019

自転車に取付可能なスリムスマホホルダー

No Comments, 未分類, by admin.

歩きスマホだけでなく、様々な「ながらスマホ」が注意されるようになりました。
これは自転車運転中のスマートフォン操作も同じなのですが、このような時にながらスマホをしないで、安全に自転車、もしくはバイクを運転したい方は、スリムスマホホルダーを取り付けてみると良いでしょう。スリムスマホホルダーはサンコーから提供されており、自転車だけでなく、バイクにも装着可能な軽量型が開発されています。
ただし、スリムスマホホルダーはスマートフォンを装着できる品物なので、スマートフォンを保護するものではありません。自転車にスリムスマホホルダーを装着する際は、カバーなどでスマートフォンを保護されている状態で、自転車に装着したほうが良いでしょう。
スリムスマホホルダーは、「アルミニウム製自転車・バイク用スリムスマホホルダー」として販売されています。スリムスマホホルダーは、サンコーの直販サイトでは1480円で販売されています。Galaxy Fold | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

2月 22nd, 2018

春のiPhoneデビュー割をスタート

No Comments, 未分類, by admin.

学生の方にも、iPhoneを使ってみたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。最初のスマホはiPhoneで!と^^

そんな人たちに最高のキャンペーンがスタートしています。ドコモの春のiPhoneデビュー割です。通常通りの利用に比べて8500円ほどの割引が受けられるんです。ドコモのオンラインショップで購入すれば、「iPhone 8の64GBモデルの新規契約で、一括2万2680円となる」とのこと。めちゃくちゃ安いですよね。

ただし、端末購入サポートの条件として12ヵ月以上継続して利用しないといけないので、この点は注意が必要ですね。また、新規契約とMNP転入時の価格であるため、ドコモユーザーが機種変更というのはダメということ^^やはりどこのキャリアでも、新規、MNPの顧客狙いだということがはっきりとわかります。

スマホを新規契約、さらにタブレットでデータ回線のみ契約と、同時に2台端末の契約をすると、5000ポイントのdポイントがもらえる、という2台目プラスキャンペーンも来月末日まで行われるそうです。

1月 29th, 2018

Xperiaの買って損なし周辺機器

No Comments, 未分類, by admin.

あるネット記事にXperiaの周辺機器について取り上げているものがありました。ドコモのXperiaの新機種と言えばXperia XZ1。もうお使いの方も多いと思いますが、これまでにソニーという会社が積み上げてきたカメラ、オーディオの技術をスマホという小さな機械ひとつにギッシリと詰め込んだ印象のあるスマホですよね。そんなスマホだからこそ、周辺機器を充実させることで、より素晴らしい技術を感得することができるのかもしれません。

それで、専門家の方が買って損なしという周辺機器の第一位に選ばれていたのが、ソニーの「WF-1000X」というワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットなんだそうです。ワイヤレスなのでワイヤーが邪魔にならない、左右は独立、そしてノイズキャンセリングという機能も効いているので、快適な状態で音楽を楽しめるそうです。耳に直接イヤフォンを入れるものは耳の穴が痛くなったり落ちそうになったり、という不安がありますが、その点もきっちりクリアできているアイテムになっているそうです。

1月 26th, 2018

見た目のインパクト抜群!

No Comments, 未分類, by admin.

auから発売されているスマホの新機種も話題になっていますが、実はめちゃくちゃインパクト・・良いインパクトです^^・・のあるガラケーがauから発売されているんですよね。それはTORQUE X01。どこにインパクトがあるかって、それはもちろん見た目。かっこ良いんですよ!なんかね、ハリウッド映画でロボットとか近未来の宇宙映画にでも出てきそうな(ちょっと言い過ぎか・・)ほど、かっこ良くてびっくり。トルクはタフネス仕様なので、がっちりとしたガタイ。そこがまたガラケーっぽくなくて良い。

しかもカラーが最高!レッドとシルバーがあるんですが、レッドと言ってもかなりピンクに近いもの。濃いシルバーとレッドの組み合わせなんですが、クールです。

またシルバーの方は少しだけレッドが使われているんですが、それがまた良い!女性でもかっこ良く持てそうです。こんなガラケーが私たちがガラケーを使っている時代にあったら、絶対買ってますね~。

auってやっぱりデザインが素敵^^