オトクネタ番長


6月 16th, 2016

“アップルが全面ガラス素材の「iPhone」を市場投入したい理由 “

未分類, by admin.

アップルが全面ガラス素材の「iPhone」を市場投入したい理由とは・・。複数の米メディアの報道によると、米アップルは来年(2017年)に市場投入する「iPhone」の将来モデルで、本体デザインを大幅に刷新するということです。「もはや新鮮味がなくなったアルミ素材」iPhoneの2017年モデルに関する計画については、先頃、アップルの新製品やその発売時期を当ててきた台湾KGI証券の著名アナリスト、ミン・チー・クオ氏が、調査ノートで報告した内容が話題になりましたが、今回の情報源も同氏ということです。米マックルーマーズや米9to5Macが入手した最新の調査ノートによると、iPhoneの2017年モデルは、その本体ケースに用いられる素材がすべてガラスになるということです。アップルは2012年に発売した「iPhone 5」から、現行の「iPhone 6s」シリーズまで、その本体ケースにアルミニウム素材を採用してきました。そして今年発売されると見られている「iPhone 7」(通称)にもアルミニウムが使われるとなれば、5年連続で同じ素材のデザインを採用することになって、もはや消費者にアピールできる新鮮味はなくなる、とクオ氏は述べているのです。その一方で、ライバルメーカーのスマートフォンは数年前までプラスチック素材が多かったのですが、ここ最近は多くがアルミニウムを採用しています。そのためiPhoneはもはや他社製品と明確に差別化できる要素がなくなってきたというのです。

Back Top

Responses to ““アップルが全面ガラス素材の「iPhone」を市場投入したい理由 “”

Comments (0) Trackbacks (0) Leave a comment Trackback url
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*